ナユミマ☆四国遍路の旅

1回目【第55番】から逆打ち、2回目【第44~51番】 3回目に徳島【第1番~】区切り打ち開始☆

徳島7日目② 第13番再訪~第17番 おんやど松本屋

 

 2019年4月9日(火)…晴

 こもれびCAFEでランチの後、鮎喰川(あくいがわ)沿いを歩きます。ました 三3

 

f:id:nayumimahenro:20190521083916j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521084039j:plain

 21号線を東へ…

 

f:id:nayumimahenro:20190511211959j:plain

 

 第13番 大日寺(だいにちじ)に到達しました……

 が、

 その前に、道路を隔てた隣にある、こちらの神社へ参拝。

 

f:id:nayumimahenro:20190511212035j:plain

 13:21 一宮神社

 

 元はこちらが札所だったという神社です。

 また来れたことのお礼とご挨拶を。そして、おみくじ再び。

 

f:id:nayumimahenro:20190511212056j:plain
f:id:nayumimahenro:20190511212226j:plain

 10円の自動おみくじ販売機 今回はコレ!

 

 自動なので、神様の采配が出てくる、おみくじかと…

 

f:id:nayumimahenro:20190511212606j:plain

 

 『苦しかる日の過ぎゆきて 大神の恵みの光り 今ぞ仰がむ』

 

 苦しいことがあったろうけど、きっと近い将来に幸せな日々が訪れます、だそうです。

 前回は中吉で、今回は小吉。

 苦しいことがあった分、前の時(先月)より運勢は下がってるんだ…

 内心、ガクッとしますが、いやいや、重要なのは和歌とか文章の部分らしいです。

 神様におすがりしていいそうで、よかったです^^

 

 さて、お遍路に戻ります。

 

f:id:nayumimahenro:20190511220128j:plain

 

 第13番 大日寺(だいにちじ)……前回、納経はしております。

  

f:id:nayumimahenro:20190511220356j:plain

 本堂 ご本尊 十一面観音

 自分が死ぬ時、観音様とあいまみえるよう祈願の写経を納めたところです。^^

 

f:id:nayumimahenro:20190511220425j:plain

 大師堂

 

 前回は雨の中、団体客がひっきりなしで、ちゃんと撮影できませんでした。

 今日は天気がよくて、静かで、桜まで咲いていて……全然、印象が変わりますね。

 

 f:id:nayumimahenro:20190511220319j:plain しあわせ観音

 

 こちらもお客さんがひっきりなしで、前回は撮影できませんでした。

 帰宅後、もっとよく見て、撮ってくればよかったと思っていたので……リベンジしました。

 第13番札所、これにて補完完了です!

 

 

f:id:nayumimahenro:20190511221339j:plain

 第14番 常楽寺(じょうらくじ)へ…

 

 お隣の、かどや旅館さんの前の道を入ります 三3

 

f:id:nayumimahenro:20190511221407j:plain

 その前に 一宮神社鳥居方向に一礼

 

 雰囲気が素敵でしょう^^ できれば、こちらから入るのをお勧めします。

 と、

 知ってる場所は偉そうに言ってますが……

 私、ここから先は未踏ゾーン。

 

f:id:nayumimahenro:20190511221444j:plain
f:id:nayumimahenro:20190511222427j:plain

 

 表示はちゃんとあったけど、左右のどっちを差しているのかわからず、

 結果、一本違う道を進んでしまいました。(笑)

 適当なところで軌道修正して、戻ります。ました。

 

f:id:nayumimahenro:20190511222104j:plain

f:id:nayumimahenro:20190511222524j:plain

 これは有名な分岐 お地蔵さんを左へです

 

 第13番から14番札所までは約3キロ、

 川を渡って住宅地を横切るらしいのですが、その行き方がわりと謎でした。

 どなたも結構、スルーっと進んで行かれているんですよね。

 

f:id:nayumimahenro:20190511223052j:plain

f:id:nayumimahenro:20190511223231j:plainf:id:nayumimahenro:20190511223258j:plain

 

 この辺は、この後を思えば、まったく問題ないぐらい表示がされていました。

 問題はこの後……

 第15番札所を過ぎたぐらいから暗雲が立ち込め始めます。

 しかし、この辺りは問題なし。

 この道の先で出合った自転車おじさんに、「何処から来たの? 遍路道はここから、こう」

 と、声をかけて頂きました。

 広島からだと言うと、ちょっと微妙みたいです。……遠さが、なのかな?(笑)

 

 

f:id:nayumimahenro:20190521085026j:plain

 13:53 一の宮

 

 この橋のたもとにいた、外人男性二人組さん……

 明日も別の寺で遭遇し、明後日に至っては一時行動を共にします。会う人には会います、です。

 ブリティッシュっぽい印象がしたのと、最初に橋で出合ったということで、

 ブリティッシュ・ブリッジさんと、ここで仮名を付けておきます。

 覚えておける方は、ご記憶おかれてください。(笑)

 

 

f:id:nayumimahenro:20190521085349j:plain

 鮎喰川を越えて しばしさらば 

 

 翌朝、下流でまた同じ川に出合って、越えるんですけどね。

 

f:id:nayumimahenro:20190521085731j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521085807j:plain

 示されるままに行けばいい 行けばわかるさw

 

f:id:nayumimahenro:20190521085846j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521085918j:plain

 宅地の中を進み…

 

f:id:nayumimahenro:20190521090148j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521090102j:plain

 左 雰囲気のいい神社 右 施設の建物前を通過

 

 常楽園という建物の前を通過するのですが、老人介護施設かと思っていましたが、

 養護施設で、この先にある常楽寺さんが経営(!)されているそうです。

 先々代の住職が戦災孤児の為に設立、

 社会福祉施設を運営している寺は八十八ヶ所中、ここだけなのだそうです。

 

f:id:nayumimahenro:20190521090644j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521090859j:plain

 左 何やら象徴的な樹木が見えてきた… 

 右 その横目に発見 どうしてこうなった的な墓石 一応、モザイクかけておきま(汗;)

 

f:id:nayumimahenro:20190521091144j:plain

f:id:nayumimahenro:20190521091209j:plain

 14:12 常楽寺山門…はない 

 

 山門がないお寺さんだそうですが、ご覧の通り、この時は、

 桜が門代わりになって迎えてくださいました^^

 

f:id:nayumimahenro:20190521091237j:plain

 

 岩がちな境内で有名らしいのですが…

 

f:id:nayumimahenro:20190521091646j:plain

 

 噂に違わず、岩岩(いわいわ)していますね。

 岩岩しているなんて言葉、初めて使いました。いま作った様な単語ですからね。

 岩岩って書いて「ぼこぼこ」「ごろごろ」とか読ませたら……

 キラキラしてるからやめましょうね。(キラキラ単語?)

 

 正面、本堂に、法螺貝までお持ちで、本気の方々っぽい団体さんがいらっしゃいました。

 

f:id:nayumimahenro:20190521091712j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521092053j:plain

 

 左 いつもは撞かない鐘を突いたりして 時間稼ぎ(笑)

 右 本堂 人が入らないアングル これが精一杯でした

 

 第14番 常楽寺(じょうらくじ)…

 ご本尊 弥勒菩薩

 「おん まい たれいや そわか」

 

 プロの納経を右に聞きながら、つたない納経を左でやります。

 素人が自己流で始めているので、プロに遭遇すれば、ちゃんとした納経を学べる好機です。

 が、法螺貝の奏上が始まってしまったので、長くなりそう……次にいきます。(泣)

  

f:id:nayumimahenro:20190521091751j:plain

 大師堂

 

 まだ、この後、3ヶ寺をまわらないといけないので、どんどん行きます 三3

 

f:id:nayumimahenro:20190521093837j:plain
f:id:nayumimahenro:20190521093908j:plain

 左 14番常楽寺を後にして 右 14番常楽寺奥の院への道

 

 カブ……最初に出会ったお遍路さんが、カブ遍路女子さんだったので、

 以後、カブ遍路をすることやカブが気になって、しょうがありません。

 カブ遍路さんは郵便局員さんと間違われて、しょうがないらしいですね。

 まぁ、わかる気がします…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190521093932j:plain

 次は15番 国分寺

f:id:nayumimahenro:20190521094326j:plain

 紅白になっていた道…
 

 白、赤ときて……その先がピンク! かわいい^^

 

f:id:nayumimahenro:20190521094459j:plain

 

 素敵なエントリーの仕方…と、思って、近づいてみると……別のお寺さんでした。

 (八十八ヶ所、関係ない)

 

f:id:nayumimahenro:20190521094754j:plain

 14:45 国分寺山門

 

 絶賛工事中でした……何がかと思えば、まさかの本堂が。(!)

 

f:id:nayumimahenro:20190521094857j:plain

 仮本堂へ→ 右のお堂は大師堂

 

f:id:nayumimahenro:20190521094949j:plain

 仮本堂 

 

 第15番 国分寺(こくぶんじ)…

 ご本尊 薬師如来 「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」

 

 どう撮っても、工事中っぽさが払拭できませんでしたね。(^○^;)

 

f:id:nayumimahenro:20190521095235j:plain

 大師堂 

 

 寺社の建築に興味がない私が、建物だけの画像を執拗に撮って載せているのは、

 このブログをご覧になっている方が、画面を通して、

 参拝してる気分になれる様に……という気持ちがあるからなのです。

 ご存知でした? 

 ……誰も知るわけがないので、カミングアウトしてみました。(笑)

 なので、真正面に写ってないとか、軒先が切れてるとか、大した問題じゃないのです。

 (言われて見れば、そういう画像が多いなと思われる方は思われる筈(笑))

 

 こんな工事中の国分寺から、次へ行こうとすると……

 住職さんなのか、仏教関係者らしい(坊主頭で作務衣っぽい)男性が、

「次、どうやって行くか、ご存知です?」

 と、声をかけてくださりました。

「多分、出て(向かって)右ですよね?」

 すると、丁寧に192号線への出方をおしえてくださりました。もしかして、迷い易いのかな?

 

f:id:nayumimahenro:20190526090251j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526090820j:plain

 レンゲが一面に咲いていました

 

 子供の頃、近所に、レンゲ一面になっている場所がありませんでした。

 車でのおでかけ先で、レンゲ一面畑になっているところに遭遇した私は、

 「ここで遊びたい! 下ろして欲しい!」と、親に懇願するのですが、

 当然、親には親の目的先がある為、車を停めてくれることは一度もありませんでした。

 寄り道しないってクッソつまらない……そんな風に思って育った私は、

 寄り道ばかりしている大人になったのでした。おしまい。

 

f:id:nayumimahenro:20190526090854j:plain

 歩き遍路は右の細道へ

 

 車遍路用の方向表示が大きいので……そっちへ行って、迷われる方が多いのかなぁ?

 それでさっき、教えてくださったのかなと思ったりしました。

 

 さて、第16番札所に近づくにつれ……実は、暗雲が立ち込めております。

 

 遍路みち表示が、激減というか……不自然に、ないのです。

 ここに表示が出ていないと絶対におかしい、という箇所に表示がなかった為、

 私ゃ、通過してしまっており、引き返してきましたよ!

 お寺の目と鼻の先だったので、信心があれば雰囲気などで気づけた筈ですが……

 そこは、自分の信心の薄さと注意力の足りなさを自覚しました。

 

f:id:nayumimahenro:20190526091645j:plain

 15:42 観音寺山門

 

 第16番 観音寺(かんおんじ)…

 

f:id:nayumimahenro:20190526091907j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526091839j:plain

 左 本堂 右 大師堂
 

 ご本尊 千手観世音菩薩 「おん ばざらたらま きりく そわか」

 

 こちらのお寺の印象は何か……クールさを感じました。

 私も感想は冷淡なまでに切り上げ、次の17番札所に向かうことにします 三3

 

 

f:id:nayumimahenro:20190526092333j:plain

 16:39 国府町のどこか

 

 この辺り、やはり、遍路みち表示が少ない……いま迄と比べると、ですが。

 後で、他のお遍路さんに聞いてみましたが、やはり、わかりづらかったそうです。

 

f:id:nayumimahenro:20190526092538j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526092658j:plain

 まわり道!! 影がのびゆく遍路かな


  突然の工事で迂回……これまで何度か遭遇しているので、

 「またか!」と、思うものの、いままで何とかなってきたので、

 今度も大丈夫だろう? と、思うことができます。(笑)

 この時、16時40分ぐらい……私は納経帳に書いてもらうアレがないからいいけど、

 17時までの壁がある方は、こういう時は焦るんだろうなぁ~…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190526093741j:plain

 16:43 井戸寺山門

 

 第17番 井戸寺(いどじ)…

 

f:id:nayumimahenro:20190526094031j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526093958j:plain

 本堂

 

 こちらのご本尊は、七仏薬師如来です。つまり、薬師如来×7ってことです。

 「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」

 

f:id:nayumimahenro:20190526094413j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526094442j:plain

 大師堂 (手前の犬は相変わらず泣いているみたいに見える)

 

 こちらの大師堂……手前にある建物は、通夜堂(つやどう)という、

 宿泊可の建物だそうですが、なんだってこんな目立つ場所に、そして西日が当たって激アツ……

 ということで、遍路業界では有名みたいです。

 確かに、これは、その通りだなぁ…と、思いました。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190526095005j:plainf:id:nayumimahenro:20190526123244j:plain

 日限大師(ひかぎりだいし)・おもかげ井戸

 

 井戸寺の名の由来になったという井戸が、この中にあります。

 井戸をのぞいて見て、自分の姿が映れば無病息災、そうでなければ3年以内に……

 というアレです。

 最近、第3番 金泉寺でもトライしましたが、おぼろげに映ってました。

 第17番に来て、今回は果たして……

 

f:id:nayumimahenro:20190526140911j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526123138j:plain

 

 おぼろげに映る、というのが、私の運命みたいです。

 

f:id:nayumimahenro:20190526142219j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526142246j:plain

 17:01…実際は16:56 カメラの時計設定が実際より5分早かった様です

 

 国宝だった(いまは重要文化財)、十一面観音像が安置されているっぽいです。

 

 今日は、この目と鼻の先にある遍路宿に泊まります。

 

f:id:nayumimahenro:20190526093806j:plain

 

 おんやど松本屋 徳島市国府町井戸字北屋敷76-2

 浴衣・タオル・TVあり 一泊二食7000円

 

 今夜の宿泊客は私ひとりだそうで……

 

f:id:nayumimahenro:20190526142925j:plain

 1階 中庭に面した部屋(奥の方)

 

 今夜はこのお部屋で…と、荷物を下ろしたところ、宿の電話が鳴り……

 女将さんが、「2階のお部屋でもいいですか?」

 3人グループが、泊まれないか電話されてきたそうで、

 襖を開けて二間続きにしないと3人は泊まれないのだと……全然、いいですよ~

 

f:id:nayumimahenro:20190526143648j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526143712j:plain

 2階 物干し場を見下ろすお部屋

 

 2階のお部屋に……すると、なんということでしょう。 

 

f:id:nayumimahenro:20190526143126j:plain

 目と鼻の先に護摩

 

 国宝…いまは重要文化財らしいですが…が、安置されているお堂が、すぐ傍に!

 

f:id:nayumimahenro:20190526143954j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526144118j:plain

 左 安心の消火器設置 

 右 美人部屋…美人画が飾ってあるという意味で、

  美人が泊まる部屋ということではない(そしたら私ムリ)

 急に使うことになった部屋にも花が活けてあるという…ぬかりの無さに唸ったのでした、うーむ。

 

 この部屋から火を出したら、大変ハラハラドキドキでしょうから、消火器があってよかった。

 こんな美人部屋に泊まる人に、そんな人はいないと思いますが。(^○^;)

 

 

f:id:nayumimahenro:20190526144031j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526144903j:plain

 布団敷きと洗濯はお接待\(^o^)/

 

 お風呂に入っている間に、布団が敷かれていました。

 私、北枕は全然、気にしないのですが、

 この向きだと、国宝(いまは重要文化財)やご本尊に足を向けて寝ることになるので、

 就寝時に向きは変えましたが…(笑)

 

 夕方の天気予報。。

 

f:id:nayumimahenro:20190526144716j:plain

 明日は朝から雨に

f:id:nayumimahenro:20190526144642j:plain

 冷え込み強まる

 

 雨は覚悟していましたが、冷え込むとか……いやな予報出ましたね。

 徳島の天気予報図を見ると……四国じゃなくて、関西の徳島地方というくくりなんですね。

 これを見て、それがよくわかります。(笑)

 

f:id:nayumimahenro:20190526145403j:plain

 明日(4/10)は どうあっても雨!!

 

 今回のお遍路で雨なのは明日一日だけなので……粛々と、進むことにします。

 勿論、雨装備も持ってきてます!

 

 さて、待望の夕食です。こちらのお宿は、お料理が物凄く評判なんですよ!

 

f:id:nayumimahenro:20190526150430j:plain

 18:00 夕食 さっき行った井戸寺ビュー

 

f:id:nayumimahenro:20190526150703j:plain

 これ プラス

f:id:nayumimahenro:20190526150735j:plain

 この内容です! 

 

f:id:nayumimahenro:20190526150955j:plain
f:id:nayumimahenro:20190526151015j:plain

 左 大好き~西京焼き! 右 ミラノ風カツレツの如きトンカツ 

 

 どれも目を見張るぐらい美味しかったのですが、思わず覗きこむ程だったのが、

 わかめの入った赤味噌汁!! 旨過ぎて、最初、わかめだと気づかなかった程…

 ここはもう、お遍路関係なくても料理宿として泊まりに来たい!!

 

 実は、行程変更で一度キャンセルしたことがあったんですが、どうしても泊まりたくて…

 ここへ泊まれる様に日程を組んでいたんですよね。

 因みに最初は、なべいわ荘さんから → おんやど松本屋 で予定していたのですが、

 これは強行軍の部類に入ると思います。

 せめて、(今朝、出発してきた)植村旅館さんから……もしくは神山町の宿から?

 

 

f:id:nayumimahenro:20190526150844j:plain

 この日の夕方のニュース 2024年ぐらいにお札の絵柄が変わるんだってよ!

 

 あと、ケーシー高峰さんが亡くなったとか……

 

 

 【2019年4月9日(火)】 

 徳島の気温 最高16.6℃平均12.7℃ 

 歩いた距離 約21キロ(寄り道ランチや16番札所を通過引き返し分含む)

 8:00 植村旅館出発~

 11:30 こもれびCAFE ランチ

 13:21 一宮札所

 14:12 第14番札所 常楽寺

 14:45 第15番札所 国分寺

 15:42 第16番札所 観音寺

 16:43 第17番札所 井戸寺

 17:00 おんやど松本屋