ナユミマ☆四国遍路の旅

1回目【第55番】から逆打ち、2回目【第44~51番】 3回目に徳島【第1番~】区切り打ち開始☆

徳島4日目② 第12番焼山寺~なべいわ荘

 

 2019年3月9日(土)…晴れ

  第12番 焼山寺(しょうざんじ)への山道を、いま登り中です。

  

f:id:nayumimahenro:20190330160824j:plain

 10:58  

 浄蓮庵(じょうれんあん) 左右内の一本杉 標高745地点です。

 

 稀にみる一株の杉の巨木。

 お大師様が木の根元で仮眠していたところ、

 夢に阿弥陀如来が出てきたので尊像を刻み、お堂を建てた。

 その際、お手植えした杉なんじゃないかという伝説がある。

 by 徳島県神山町教育委員会

 

 お手植えかどうかはわかりませんが、すごく清々しかったです。

 ここで、お昼のおむすびを食べてもよかったけど…

 まだ、山『登り』があるので、気持悪くなったら困るので、

 ぐっとがまんをして進みました。

 青い人Yさんは、ここで昼休憩をするみたいでした。

 

f:id:nayumimahenro:20190330160927j:plain
f:id:nayumimahenro:20190330161153j:plain

  お大師様から向かって左に(ないと言われていたけど)WC発見!

  以前は建物併設の便所があった様ですが…残骸化されてました、無念…

  

 ここは整備すれば、いい休憩所になりそうなのに…

 もし私が、遍路道整備に巨額を投じる権利を得たら、このルート上に、

 屋根がある休憩所とバイオWCを設置すると思いましたね。

 思うだけなら無料です。(笑)

 

 この一本杉がある標高745から、集落のある標高450まで、

 またいっきに下ります。

 

 山を、ずっと登るなら登るでいいのですが、

 登り、下り、登り…を繰り返すルートは正直しんどい…

 そんな風に言われている、焼山寺へんろころがしらしいです。

 

  

f:id:nayumimahenro:20190331120912j:plain

f:id:nayumimahenro:20190331120957j:plain

 

f:id:nayumimahenro:20190331121030j:plain

 集落が見えてきました

 

 ここまで下りだったせいか、青い人Yさんが追いついてきました。

 こんなところで書くのも何なんですが、

 Yさんは登りが苦手なのか遅くて、他は私より早く歩けるみたいです。

 結果、抜きつ抜かれつになり、ほぼ同じペースになる様でした。

 

f:id:nayumimahenro:20190331122109j:plain

 歩き遍路は左 車遍路は右の地点

 

 ここで間違う人がいるのだとか…日本人でも間違うのだから、

 青い人Yさんは……と、思い、これを撮りながら、それとなーく待って、

 私が左に入るのを見てもらったところで歩き出しました。

 私も初めて通るので、くわしいわけでも何でもないのにね。(笑)

 

f:id:nayumimahenro:20190331123056j:plain

 ここも左へ 右に行くと行きどまり 

 

 注意深く見れば、そう書いてあるんですが…

 漢字圏の人はまだわかるかもしれないけど、欧米の人は、

 日本語表記だけの道標のところでも、よく判断できてるなぁと思いました。

 老婆心まんまんの私は、ここでも青い人Yさんを待って…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190331123605j:plain

 

 ここの花を撮るから、お先にどうぞ…というテイで、

 青い人Yさんに追い越してもらいました。

 

f:id:nayumimahenro:20190331123731j:plain
f:id:nayumimahenro:20190331125853j:plain

 

 左 梅? 桃…桜??  右 青い人が先に行った遍路道

 

 ここからまた、標高400から700へいっきに登るのです。

 後ろに人がいたらプレッシャーというか、私が邪魔だろうと思い。

 結局、追いついて、追い越してしまうんですが…

 その際、カタコト英語とスコシ日本語とジェスチャーで、

 お互い名乗ったり、今日の宿が同じだとかの会話をしたのでした。

 

 

 f:id:nayumimahenro:20190331130049j:plain 12:40 焼山寺駐車場付近

 

 焼山寺の圏内に入った様ですが…山門を見るまでは安心できません。

 着いたー?! と、ぬかよろこびしたくありませんからね。(笑)

 事実、この駐車場付近から山門迄、結構、距離はありました。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190331130157j:plain

 12:50 焼山寺山門

 

 7:20に出発したとして、12:50着…

 私がかかった時間は、5時間30分でした。

 

 健脚5時間、平均6時間、女性7時間…という目安があるそうで、

 私の試算では13:30頃到達だったので、40分も早く着けたことに驚き。

 精神的にしんどかった為、がんばって早く歩いたわけでもないのに、

 なんかよくわかりませんでしたが…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190331131203j:plain

 ここのお大師様は厳しめ(お顔)

 

 第12番 焼山寺(しょうざんじ)です。

 

 しかし、納経に進む余裕はなく、まずはお手洗い、

 そして、先に昼飯でした。私の信仰心、こんなものです 三3

 

 f:id:nayumimahenro:20190331153434j:plain 13:04 まずは昼食

  

f:id:nayumimahenro:20190331153524j:plain
f:id:nayumimahenro:20190331153647j:plain

 左 おにぎり あたたまりますか? 右 中はこんぶと梅でした

 

 日なたの石の上に置いたら、おにぎりが温まるかと思ったんですが、

 焼け石に水状態でした。(ぜんぜん温かくならない(笑))

 

 この時は、賛否両論・五本指靴下に、ふつうの靴下重ね履きでした。

 足指のトラブルなし。朝、馬油を塗っていたのが功を奏した気もします。

 

f:id:nayumimahenro:20190331153943j:plain

 ここでお昼を食べました 複数のバックパックが…いつの間に(笑)

 

 邪魔にならない場所で昼食を。これは後で撮ったのですが、

 昼食中は誰もいなかったのに、戻ってきたら、

 歩き遍路の本部みたいになっていました。(笑)

 

f:id:nayumimahenro:20190331153910j:plain

 食堂あり 昼食はここでも調達できる! 田舎うどん…食べたかった~

 

 先出のお大師様の杉のある浄蓮庵で、おむすびを食べて、

 ここでうどんを食べた…という方もいらっしゃいました。いいなぁ。

 尋ねましたところ…別にふつうのうどんだったそうです。(笑)

 

 

f:id:nayumimahenro:20190331155314j:plain
f:id:nayumimahenro:20190331155240j:plain

 13:33 焼山寺本堂

 

 本堂 ご本尊 虚空蔵菩薩

 ご真言が…

 「のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか」

 

 これを、細い毛筆でしたためられており、読めない、発音できないし、

 現地で大苦戦でした。

 自分供養という大事な願いがあるので、何とか読もうと必死。(笑)

 

f:id:nayumimahenro:20190331160106j:plain
f:id:nayumimahenro:20190331160135j:plain

 大師堂

 

 

f:id:nayumimahenro:20190331160228j:plain

 

 お寺の敷地内に、神社がありました。

 何処の神社も由緒書きがあるものですが、どういうわけかここはなくて、

 こんな古いし立派な神社にないのは変だなと思って、

 帰宅後に調べたところ、

 十二社神社 創立年代不明、記録が火事で焼けた記録があるみたいです。

 

f:id:nayumimahenro:20190331160325j:plain

 どこ見てるのー

 

f:id:nayumimahenro:20190331160521j:plain

 ホームで電車待ち とか?
 

 こんな狛様たちは珍しい、かわいいと思って、撮影^^

 霊感があればなぁ…何の神様がいらっしゃるか、わかるのに…

  

 

f:id:nayumimahenro:20190331161651j:plain
f:id:nayumimahenro:20190331161713j:plain

 三面大黒天 小槌がイイ 

 

 こちらは焼山寺の見どころの三面大黒天、

 中央:大黒天 右:毘沙門天 左:弁財天 というありがたい像があり、

 日本三体のひとつ(他の二体は焼失)だったそうです…が、

 『なんか雰囲気ある♪ あの小槌がイイ^^』 ぐらいしか考えておらず、

 まぁ、私の信仰心こんなもの……でしょうね。

 

 14時には焼山寺を出ようと決めてたので、出ます。

 ここは車でガーッと来られるお寺で、歩きの人が少ないせいか、

 何処からどう降りたらいいのかわからず、納経所へ引き返して尋ねました。

 青い人Yさんはわかったかなぁ…と、後ろをふり返り見ると、

 つかず離れずの場所をついて歩いて来ていたので、ほっ。(笑)

 

f:id:nayumimahenro:20190331161748j:plain
f:id:nayumimahenro:20190331161837j:plain

  この道下りる 右 青い人Yさんは下りがとても速いw

 

 焼山寺の真下、ここは『THE☆歩き遍路の山道』の片鱗があります。

 ここ、覚えておいてください。後で出ます。試験には出ません、多分。

 

 

 f:id:nayumimahenro:20190331163826j:plain 14:34 うめぼし

 

 そう、うめぼし……じゃない、ここは杖杉庵(じょうしんあん)です。

 

 遍路の元祖、衛門三郎・終焉の地…にして、

 お大師様にようやく出逢えた地だそうです。

 衛門三郎にいい印象がなく、この話も懐疑的に思っていたのですが…

 

f:id:nayumimahenro:20190401121609j:plain
f:id:nayumimahenro:20190401121950j:plain

 お大師様を追って…21回目の逆打ちにしてようやく会えた衛門三郎 

 

 人として「よかったね」と、思ってしまいました。

 不覚にも、まさかの涙が出そうに…

 本当に21周もしたのか(回数は文献によって諸説あり?)、

 最期にそんな都合よく会えたものかは微妙ですが、

 追いかけまくったのは本当なのだろうから、それで叶ったのなら…

 本人がそう認識できたのなら、

 「よかったね」だと、思えたからです。。

 

f:id:nayumimahenro:20190401121733j:plain
f:id:nayumimahenro:20190401122148j:plain

 左 衛門三郎の、この顔…! 右 それに対するお大師様の平然とした表情(笑)

 

 いや、お大師様はこれでいいんだと思います。(・ω・)λ キリッ

 

f:id:nayumimahenro:20190401122743j:plain
f:id:nayumimahenro:20190401122600j:plain

 左 これは新しく見るタイプ 右 四国遍路元祖衛門三郎の碑

  

 ところで、うめぼし…と、あったのは。。

 

f:id:nayumimahenro:20190401124121j:plain

 

 この下の斜面(谷?)が梅だらけでした。どおりで…^^

 

 以降、第12番 焼山寺からの道を、下り中です。

  

 車道をまたいだり、山の中の遍路道を下ったりしているうちに、

 鄙びた温泉町風の谷間の集落に到達しました。

 

f:id:nayumimahenro:20190401124814j:plain
f:id:nayumimahenro:20190401124907j:plain

 左 『お茶接待処』 不在の時はセルフでお願いします(原文まま)

 右 こんなかわいい茶器でお接待くださるの?!

 

 え~っ、いいの?

 お接待所に自ら入って行くのはみっともない! と、

 おっしゃる方もいらっしゃいますが、私はそうは思わないので、

 ありがたく入ったりしますね。

 ここは骨董…古道具屋さんかなぁ…? あいにくご不在でした。

 

f:id:nayumimahenro:20190401125433j:plain
f:id:nayumimahenro:20190401125612j:plain

 

 しかし、3.8万円の値札のついた火鉢に置かれたやかんの中は、カラっ。

 

f:id:nayumimahenro:20190401125255j:plain

 

 心と目の休憩をさせて頂いたので、エアお茶代(笑)と納め札を置いてきました。

 

f:id:nayumimahenro:20190401125910j:plain

 おへんろ駅 それはWC

 

 こんな山中に、いくつも集落などないだろうに、ふと不安になり、

 なべいわ荘さんはこのまだ先か、バスの運転士さんに尋ねました。

 うっかり通過していないかと思ったんですよね。

 私は大丈夫でしたが…

 うっかり通過する人は、いた様です。これはまた、後の話。

 

f:id:nayumimahenro:20190401130321j:plain

 

 ここはお遍路業界(?)で有名だった、すだち館さんがあったのですが…

 この年のはじめに廃業されていました。

 最新情報が載ったサイトで知りましたが、

 他にも、泊まる予定で電話をかけようとしていた宿が、先月、閉館していたりと…

 直前情報は見ておくべきですね。

 

f:id:nayumimahenro:20190401130651j:plain

 

 なべいわ荘さん手前にある、山越えルートの入口。。

 ここを見落として通過し、何㌔も先から引き返してきた方がおられたそうで。

 (まぁ、私も遭遇しお見かけしたのですが…)

 

f:id:nayumimahenro:20190401131009j:plain

 

 私は明日、ここから入って山越えします。

 が、それは私ぐらいで…

 この後、他の方は舗装路の神山町ルートを通るのだとわかり、驚きました。

 えーっ、歩き遍路はこっちが一般的じゃないの~~?

 

f:id:nayumimahenro:20190401131741j:plain

 15:30 

 なべいわ荘 

 名西郡神山町下分字鍋岩65ー2

 

 この宿を目前…というか、川を挟んだ宿の真ん前で、

 ワゴンカーに呼び止められました。TV局のロケハンの人でした。

 芸能人に歩き遍路させる企画があり、雰囲気のいい道を探しているそう…

 先出の、

 焼山寺の真下、『THE☆歩き遍路の山道』の片鱗があると書いた場所、

 あそこが手っ取り早いとお伝えしたのですが……わからなかったかもなぁ。

 (他人のことは言えないけど、お互いに土地勘がなかった為)

 

 そういうのをネットで探している方には、ひとまず、オススメします。

 いちばん手っ取り早いのは、自分で歩いて見ることでしょうけど。(笑)

 

 そんなこんなで数分遅れで、宿に到着~

 旅館吉野さんからの荷物も無事、届いていました^^

 で、当然だとは思いますが、念の為に宿の人に尋ねました。

 

 私 「ここから、荷物を送ることもできますよね?^^」

 宿の人 「ここからは出せません」

 ファッ…?!

 ここでボーゼンとなりつつも部屋に入ると…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190401131949j:plain

 

 浴衣・タオルあり・テレビなし 一泊二食7000円

 

 私が通されたのは一階の、女子WCが近くのお部屋で、

 お手洗いが近いのがバレたのかベスト位置だな~と思ったのですが、

 まさかのTVがなく、私だけが一階のお部屋でした。

 で、しかし、二階はTVがある模様…そのかわり壁が薄いのだとか。(同宿者の弁)

 

 f:id:nayumimahenro:20190401132101j:plain 窓の外はモクレン

 

 あえて部屋にTVを置かない、秘境の宿…ひと晩ぐらい、

 自然の音の中で過ごす体験もいい…という旅特集の文言に賛同してきましたが、

 いや、私はTVがないと快適に過ごせないことが判明しました。

 ものすごーく心が疲弊してて癒しを求めて秘境の宿…ならいいけど、

 お遍路は明日の天気を見たり、今日世間で起こった情報を知りたいので。

 スマホでも見れるけど、フリーwifiじゃないし。(泣)

 

 そして、何よりも、荷物を送れない為、全荷物を抱えての山越えに…!!

 

 退屈で寒いお部屋で、

 1グラムでも軽くなる荷物の入れ方を調整したりして、

 なかなか落ち着かない時間を過ごすことになるのでした。。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190401134838j:plain

 18時過ぎ 夕食

f:id:nayumimahenro:20190401134925j:plain
f:id:nayumimahenro:20190401134904j:plain

 

 左 観光地でよく食べる川魚…温かければなおよかったのに(笑)

 右 そば米汁というらしい…つぶつぶ米が入ってて、私、これ好きでした^v^

 (徳島名物だったらしく、徳島駅のお土産街でも販売されていました)

 

 食堂には、青い人Yさんもいました。 それって東京女子さんも。

 他、男性3人。

 後から遅く到着したオランダ人女性。

 (聞けば、私が歩いた2日分を、今日1日で歩かれてました。凄っ!)

 

 私は明日で区切り打ち、広島に帰るけど、

 皆さんは当然というか、このまま結願(けちがん)までゆくのだそうです。

 装備も本格的だし、心構えが違うというのは当然でしょうか…

 私は、なんとなく歩き遍路みたいな雰囲気です。

 

f:id:nayumimahenro:20190401134944j:plain

 雰囲気はいいのに激寒だった食堂 ストーブはあるけど点火しない仕様

 

  

 【2019年3月9日(土)】 晴れ

 徳島の気温 最高16.6℃平均9.5℃ 

 …これは街中の気温で、山中はもっと寒かったです!

 歩いた距離 山中につき計測不能

 7:10 出発~ 7:20 十一番 藤井寺登山口~12:50 十二番 焼山寺 

 14:34 杖杉庵  15:30 なべいわ荘

   

 明日につづきます。。