ナユミマ☆四国遍路の旅

1回目【第55番】から逆打ち、2回目【第44~51番】 3回目に徳島【第1番~】区切り打ち開始☆

徳島1日目① 第1番 霊山寺より

 

 徳島の地に入った私は思いました。

 

 お大師様は高野山にいる…

 で、

 四国を見守っていらっしゃる……

 

 これから、その四国を周るんだ。。

 

f:id:nayumimahenro:20190313064417j:plain

 2019年3月6日(水)12:05  画像では伝わらないですが空に薄日があって照らしてくれています 

  

 突然ですが、2019年3月6日…

 高速道路PA『鳴門西』に降り立ちました。

 

 我が地元・広島から高速バスで徳島に向かう場合、

 徳島駅まで行かずとも、途中の『鳴門西』で下車すれば、

 第1番札所の霊山寺へ歩いてゆけるほど、近い為です。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313064535j:plain
f:id:nayumimahenro:20190313065937j:plain

 高速道路沿いに置き去りにされる停留所タイプではなくちゃんとPAっぽい場所でした

 お手洗いも飲料補給もここでしてゆけますね! 

 私は済ませていたのでここはスルーしましたが…

 

 ずっと、徳島駅から電車で板東駅へ……というルートだと思い込んでいたので、

 これを知った時は目からウロコでした。

 鳴門のつく地名からスタートする方がいるのは、時々見て知っておりましたが、

 ずいぶん遠くから始まるんだなぁと思っていました。

 渦を巻いてる海の辺りだと思っていたので。

 地名じゃなく、停留所の名称だったんですね。。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313070530j:plain

 で そこから出るみたいです 

 

 この日は夕方から雨予報…

 宿に着くギリギリ迄もってくれたらいいなと、この時は思いながら歩き始めました。

 

f:id:nayumimahenro:20190313070826j:plain

 

 高速道路の先は徳島(駅)。復路はそこからバスに乗るのですが、

 その時、どんな気持ちで向こうから来るんだろうなぁと、考えながら撮りました。

 

 このまま第一番札所を目指して進むと…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313071419j:plain

 

 大麻比古神社(おおあさひこ-じんじゃ)

 

 名前が気になる(笑)…なっていたので、

 少し遠回りになりますが立ち寄りました。

 阿波国のいちばんの神社だそうで、

 阿波・徳島をうろうろさせて頂くことになるので、

 ごあいさつをしておこうと…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313071520j:plain
f:id:nayumimahenro:20190313071745j:plain

 阿波だけに(口の中にあるのは)泡??(笑)

 

f:id:nayumimahenro:20190313072045j:plain

 サルに注意の看板……サル出るんだ?? (↑画像 黄色の表示) マムシやイノシシは想定内ですがサルは意外でした

 因みにさきほどの高速道路沿いの道にもマムシ注意の看板が……雨の日や夜到着の方はお気をつけて。。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313072123j:plain

 

 さすがの風格です!

 

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313072627j:plain

 

  実は、鳥居から結構遠かったので、

 お遍路に来ているのに遠回りしている感が否めずにいたのですが、

 神域を目の当たりにし、「やっぱり来てよかった!」と、思いました。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313073245j:plain

 

 お遍路さんも道中安全祈願に立ち寄る…と、目にしたのですが、

 ご祭神のお一柱が『猿田彦大神』で、交通安全、厄除けの神様だったのですね。

 私はそこまで考えていなくて、旅のはじまり前にごあいさつ…だったのですが、

 結構、いい線をいっていた様です。(笑)

 

 

 105縁…5円じゃ今日日少ないので(笑)

 

 『大麻比古大神』は、農業・産業の神様…

 神社の公式サイトによると、

 阿波国を開拓した一族の祖が麻とか栽培して産業を興したと、

 そういう成り立ちなのだそうです。なるほど。

 

 

 鳥居をくぐる頃には小雨が…… 通り雨だと信じて荷物にカバーは取り付けましたが 菅笠には意地でも着けない!

 と この時はがんばっていました(笑)

 

 

 神社参拝も終了したので、お遍路に戻ります。^^

 

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313081228j:plain

 13:17 山門

 

 第一番札所 霊山寺(りょうぜんじ)

 

 おぉお、ここが待望かつ念願だった、

 第一番札所……だけに、

 当初は人群れができておられました。無人になった時に急いで撮りました。

 

 山門を一礼してくぐり、本堂と大師堂の位置確認で見回すと…

 いちばん最初に目についたのは、こちらでした。

 

何故 パンダw

 

 この向こうにあるのが大師堂でした。

 

 勿論、本堂から参拝しますが……雨が本降りになってしまった(泣)ので、

 一旦、屋根のある山門で装備を整えることに。

 

f:id:nayumimahenro:20190313082048j:plain

 あいにくの雨になってしまいました。。

 大師堂前の橋は滑って危なそうだったので、結局、この時は渡れませんでした

 

 

 ここでは、写経を納めることにしておりました。

 一番目の札所ですから…

 読経に不慣れな人も多くて当たり前なのでしょうけど、

 そうじゃない人も多いだろうから……

 そんな場所で読経するのは恥ずかしいかなと思ったのです。

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313154238j:plain

 

 願文は、『心願成就』と『道中安全』

 本堂に100円、大師堂に10円、と、私は決めています。まぁ、何となく…

 

 

f:id:nayumimahenro:20190313154723j:plain

 100円をお賽銭する方である(笑)本堂

 

f:id:nayumimahenro:20190313154915j:plain

 

 本堂 ご本尊 釈迦如来

 「のうまくさんまんだ ぼだなんばく」

 

 写経を納めるので読経は不要ですが、真言だけはお唱えしております。 

 

 

 

【左】本堂前にて 【右】手前のワンコ 泣いてるみたいに見える^^

 

本堂横に不動明王

 

 除災をここでも祈願しておきます。

 

 

 f:id:nayumimahenro:20190313155630j:plain 大師堂

 10円をお賽銭する方ですね。(笑)

 お大師様はあんまりお金が要らなそうで強いて言うなら10円のイメージなのです

 ※ 個人のイメージです

 

 ここでは、「南無大師遍照金剛×3」

 私の数珠は、真言宗用の珠がたくさんあるタイプではないけど、

 掌で、こするかんじでお唱えしております。

 

 これで参拝終了。。

 

 お唱えセットを納める…輪袈裟を外す前に、

 山門で記念撮影をしに行くことに。

 

 

名物らしい おねえさんと

 

 どなたも一番最初は、出発前写真(全身)をお撮りになられる様ですが、

 雨なので……悪くて、人にお願いできません。

 地道に自撮りをして(笑)、山門の裏に引っ込みました。

 

 人々が通り抜けるだけなので、誰の気にも留まらないだろうと、

 バックパックにカバーをかけたりポンチョをかぶっていると…

 

 「これから歩くの? がんばって!」

 「どこまで行くん? あいにくの雨だのう」

 「すごい荷物! 歩き? すごいわね~」

 

 団体客の方や地元の方まで、結構、声をかけられたので、驚きました。

 もっと若い人が言われるものだと思ってました…(笑)

 

 私 「はい、ありがとうございます!」

 

 夕方からの雨の筈が本降りになり、思っていたのと違う、

 はじまりになってしまったけど…

 幸先のいい気持ちで出発することができました!^^

 

 

 次の第二番札所までは、

 すぐ…と、見聞きしておりましたけど……

 雨の中を歩いているせいか、ずいぶん遠く感じます。

 全然、近くはありません。

 

 そんな折、歩き出して数分ではあるところで、

 また、思いもがけないことが……

 

 向こうから、外国人お遍路さんが歩いてこられました。

 私を見るや、「OH!」…そして荷物をゴソゴソ…

 雨の中、立ち止まって、待っていると…

 

 

初☆お接待

(後に極楽寺で撮影)

 

 お接待だそうです。しかも現金!

 歩き出して数分で頂くことになるとは考えたこともなかった…

 しかも、同輩であるお遍路、外国の方に。(笑)

 

 逆方向から来たわけなので、逆打ちかな? と、尋ねたかったけど、

 「逆打ち」という単語がわからず、

 あちらもネイティブの英語ではないみたいで話ができず、(私が聞き取ることができない)

 「アリガトウ」と言って、別れました。

 

 納め札を返礼に差し上げればよかったのだけど、

 すぐに出せるところに仕舞ってなくて悔やまれたので、

 これ以降、財布にも入れておくことにしました。

 

 この日に泊まった宿でわかったことですが、

 この方は、デンマークのSさんという女性で、

 結願して、88番札所から1番へ行く道中だったそうでした。

 

 Sさん、ありがとう、どうか幸いあれ!^^

 

 【2019年3月6日(水)】

 

 1日目② につづきます。↓

nayumimahenro.hatenablog.com